上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はとっても真面目なお話を。またもやツイッターの発言に影響されて(笑)


道具として生まれたものは使われてこそその真価を発揮します。もともとその用途で作られたのだから当たり前といえば当たり前ですが、その美しさゆえに、あるいはその価値を愛でるために鑑賞用のコレクションとして生きることとなった道具たちが世の中にはいます。
ヴァイオリンなどはコレクターのもとにある名器が非常に多いのですが、まさに宝の持ち腐れといった感が否めない。まあ鑑賞用の宝という意味では立派に成立しているけれど。

少し話がずれるけれど、グレードアップなどで新しいヴァイオリンと出会うと、どんなにいい楽器であっても弾くとまず、あ、うちの子じゃない、と思います。自分の「匂い=音」がないからですね。だから、例えば全く同じ楽器があったとしても(あり得ないですが)、すぐに自分の楽器が判ると思います。楽器はそのものの持つ本来の音と弾き手の音が混じり合って初めて「楽器」となるのでしょう。また、ヴァイオリンは前の持ち主の音を持ったままの楽器というものが驚くほど多いです。

弾かれてこその楽器という話に戻ると、ほぼ弾かれていないストラドコレクションがあるのだといいます。実際に触れた人によると、製作されてから300年経った今でも生まれたての赤ちゃんなのだとか。しかし経年変化は避けられず、そのまま朽ちていく定めにあるらしい。これぞ持ち腐れの最たるものですね。

鑑賞用ともなりうる道具はしかし使われてこそ。まあ日本刀などは使われちゃ犯罪ですけどね(^^;
こと楽器に関しては秘蔵しているのみではなく、積極的にプロの手に取られるのが楽器として生まれたものの幸せなのではないかなー、と思います……そしてこのところ眠ったままにさせているマイヴァイオリンよ、ごめんなさい。。明日は久々に大学時代の恩師のコンサートです。楽しみ♪
スポンサーサイト
休日だというに朝もはよから(自分にしては)テンションアップです。


食器を洗って手を拭こうとしたら、タオルがなかった。
それで何気なく歌ってみたところ……以下、モーツァルトのトルコ行進曲に乗せてお聞きください。

♪タオルがない、タオルがない、タオルがタオルがタオルがない♪

そしたらどこからかこんな声が。

♪上の棚の中にあるじゃないの♪

母でした。ええ、オバケじゃありません。怪獣ですが。
そういえばこの人、頭は悪くなかったんだよなあ。ついでにヴァイオリンもピアノも一応弾けるんだったなあ。

そんな些細な事で楽しくなってしまい、早すぎる感もある浴衣を着付けてパソコンに向かっています。
今日も一日、原稿頑張るぞっ!!
2012.06.01 歌う!! 吹く!!
6月に入りました。と思ったらもう週末ですね(笑)

さて、何故だか面白くない気分だったので、勤務終了後にカラオケへ行きました。疲れても明日はお休みだし^^

最近、会社には密かに笛を隠し持って出勤しています。それが今日の勝因……何に勝ったんだ?

ともかく笛の練習がてらカラオケへ。
うん、時間的に見ると、八割がた歌ってたよね。。
フクヤマ、中島みゆき、平沢進、moumoon、HY ……やっぱり私の声域にはテノールが合っている様です。HYなど女性のものはキーをかなり下げています。
今日はストレス解消目的だったので、笛の練習の比重はあまり高くありませんでしたが、どうやらお遊びが笛にもいい影響を与えているみたいですね。肺活量、息の配分、音の張り、その辺りがかなり改善されている様に思います。

8月お稽古会、もしかしたら楽器で出られるかも!?
何とも……約1年ぶりくらいにヴァイオリンを取り出し、遊んでみました^^
メンテが一番心配だったのですが、調律が狂っているくらいでまるで問題なし。よかったー。

開放弦で慣らしていき、『オペラ座の怪人』のフレーズやJ‐POP、NHKみんなの歌の曲や宗教音楽、昔弾いていたクラシックまで、とにかく気の向くままに。最後はNHK大河ドラマ『新選組!』のテーマで締めました。今日はひの新選組まつりでしたからね^^

さて、一応は勝手知ったる楽器で遊ぶと、色々見えてくる。
能の笛の師匠が常日頃おっしゃる「張り」とは、そしてそれを出すにはどんな体の使い方をすればいいのか。

重心。恐らくこれに尽きるでしょう。
プロでもアマでも、土台がしっかりしている人の歌は安定感がある。当たり前じゃん、と思うかもしれませんが、プロでも出来てない人ってけっこういます。
重心がおへそより上に行っていると、音程も音質もふらふらして偽物チックになってくる。芯がないんですね。
歌を習った事のある方は何度も聞いていると思いますが、腹式呼吸で、どっしり構えて、高音ほど下に引っ張られる意識で、といいます。これは歌に限らず、どんな楽器であろうと同じ事が言えると思います。

丹田、って聞いた事があるでしょうか? 最近の子はあんまり言われないかな。ここに力を落とし込むんです。
着物の帯は、男性だと丹田に締めます。つまり、おへそのちょっと下、ここが丹田です。腹が据わる、というのがまさにその感覚でしょうか。


って、何を偉そうに語っているのだか。。
でも、本当にいい演奏だなー、というのは、腹が据わって、重心が低くなっている事が多いですね。


と、いつの間に丹田の話になってんねん。たんでん、肝心やねん。……エセ関西弁で締めとは。。失礼致しましたー。
小説などを書いている時は、基本的に音楽は聴きません。というか、聴けません。

何度か書いてきたかもしれませんが、私は文章のリズム・呼吸・言葉の響きなどを自分の中で鳴らしながら作業しているので、音楽がかかっているとそれに邪魔されて途端に進まなくなってしまうのですね。
ごくたまに歌詞のない、書いているものに雰囲気の合うものはかけることはあるかな。
あるいはその作品のテーマと自分の中で勝手に決めている歌を聴いてから書き始めることも。


片付け、掃除などではがんがん歌を聴いてますかね。
一緒に歌ったり踊ったりしていることもあります(笑)

ちなみに好きなJポップはマッキー、福山雅治を中心に、嵐、タキツバ、森山直太朗、鬼束ちひろ、中島みゆき、SUPERFLY……最近ではMOUMOONも好きです。『SUNSHINE GIRL』が聴きたくて借りてきたら、その他の歌もかなり好きなタイプで、おお、これはいいものはっけーん♪ と。
韓流もちょっとだけハマり中。
けっこう意外なところだと、NHKのみんなの歌、あれ、大人が聴いてもすてきな歌が多いんですね。また、小さい頃に流れていたものがあるととても懐かしくなります^^

ちょっと前に内耳障害で音楽が聴けなくなったのは本当に痛かった。。
でもその時、ああやっぱり自分にはどんな形にしろ音楽が必須なんだ、と気付かされましたね。
一時期本気でクラシックアレルギーになって落ち込んだことがありましたけれど、そのおかげでポップスにも興味が向いて、結果的には何かいい方向へ行ったみたいです。

マイナスと思っていたことが後々大きなプラスに動いていることがこのところ多く、人生そう悪くないなー、なんて思っている楽天家でした。



こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「作業するときに音楽は聴く?聴かない?」です。学校の勉強や仕事中、家で何か作業をしているときに音楽は聴きますか?音楽を聴いていた方がはかどるという人や、音楽があると逆に気が散ってしまうので無音ですという人、どちらも...
トラックバックテーマ 第1417回「作業するときに音楽は聴く?聴かない?」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。