上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.10 言の葉の霊力
言葉には力がある。よく聞くことですね。
改めて実感させられるテレビ番組を見ました。

日本テレビ『世界一受けたい授業』、武田鉄矢さんの国語のコーナーで漢字の成り立ちを取り上げていました。
「文」と「産」、そして「彦」。一説にすぎませんが、それらの漢字の意味するところが非常に胸に染みました。
3つの字に共通するのは人に施したまじないの記号が含まれていること。字源はV字であったり×印であったりするのですが、それらはどれも魔除けや前途を祝した神聖な記号です。

それらがそのまま今日の言葉の意味と直結している訳ではないそうですが、文章には確かに「ことだま」があります。
汚く罵ればその場もすさみ、温かく優しい言葉を心から発すれば柔らかい空気が広がっていく。
言葉はまさに「呪」なのだと思います。繰り返しかけ続ければその人の人生をも変えていく、それほどの力を持っていると確信しています。
だから言葉を発する時には激情をいったん飲み込み、あたうる限り言葉に優しい温もりを与え、頭から相手を否定してかからず……蒼樹はできてません。。でもそれが理想。何気ないひとことが子供に与える影響を嫌というほど見てきましたから。

言葉は幸せの為に、相手の傷に薬を塗れるように、そんな物書きであれたらなあ、と、しみじみ呑めば、しみじみとぉ~……せっかく真面目に書いてきたのにっ。そう、こんな風に言葉には雰囲気を変えてしまう力があるのですね^^
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jinbushido.blog100.fc2.com/tb.php/127-8f177be0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。