上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.14 食欲の春
いや、おかしいでしょ、確実。うーん。。
世の中の常識の枠を対岸に見つつのほほんと生きる蒼樹、世間と半年ずれて消化器系が活性化する。
 
 
 
非常食として会社に置いておいたこれら。胃袋の脅迫に負けてついに開封。
中身は実に実に楽しい。家紋の方を激写。
 
 
 
レアな家紋は真田の六連銭とか。一つしかなかったです。人気ありそうなのにねー。
逆に飽きるほどあるのが徳川の葵や長宗我部の片喰、島津の丸十字あたり。
どういう基準で分量が決まっているのか、あるいは袋によって異なるのか。まあいずれにしてももの凄く楽しみながら食させて頂きました^^
しかし、おしるこ味……? まあ食べていると小豆の味はするか。何味かはともかく、けっこう美味です。
 
 
そういえば、今現在携帯の基本メール着信音は河口恭吾の『桜』なのですが、怪獣ママゴンによると昔、蒼樹はこの歌にケチを付けたらしいです。
いつも側にいなくたっていいわ。むしろどっか行け。四六時中張り付いていられたら邪魔くさいわい。……そう言ったそうな。まあお口の悪い。
あー。。うん、きっと言ったんでしょう、記憶にございませんが。
多分母に向けてのつぶやきシローちゃんだったのでしょうが、関心がないくせに干渉だけはするママゴン、このごく小さな本音は何故か聞いていたらしい。その発言からかなりの年月が経つ(母、談)けれど、いまだに春が来るたびからかわれる。ただし、そりゃそうよねえ、と完璧他人事として聞いているというお約束通りのパターンで^^; まあいいんですわ、そういう人だと思ってるからそれなりの付き合いをするし、怒ってエネルギーをがんがん消費するようなそこそこ真剣に相対したい相手でもない。それなりに感謝もしてるけどね。
 
……と、そんなのはいいんだ。恭吾サンの『桜』について話したいんだ。
蒼樹はプライベートを大事にしたい方だから、物理的に24時間365日べったり一緒にいるのは正直タイヘーン。でも、何かあった時は支えになるよ、側に感じていて、というこの歌のスタンスは好きです。
 
心理的側面ってすごく大事です。心身二元論が否定されて久しいですが、ストレスがあると頭痛やら食欲不振やら倦怠感やら悪心やら悪戯心……は違うでしょ。。まあともかく肉体に不調が現れる。
健全な肉体に健全な精神が宿る、っていうのはある意味真理ではあるんだけれど、肉体の不調にも関わらず健全な精神が宿っている出来たお方はいらっしゃるし、健全な肉体なのにどーしてそーうなるのっ! っていう精神が宿る蒼樹もいる。
でもこの真逆は完全な真理だと思うんだよなあ。精神的に不安定だと確実に肉体にも影響する。神経性胃炎や神経性の消化器潰瘍、季節的にタイムリーなところだと花粉症とかのアレルギーもストレスで悪化するそうだよ? 肉体的に異常は見つからないのに見えない、聞こえない、歩けない、声が出ないというのもある。『アルプスの少女ハイジ』のクララなんかももしかしたらこれだったのかもしれない。
 
命に関わるほどの危機に遭った時、当然ながら恐ろしくストレスが掛かります。本来トラウマというのは死に直面した場合のみの用語なんだけれど、まさにそのトラウマを抱えた子供たちの状況が日々報道されています。津波ごっこ、寝ない、逆ギレ……心に傷を負った人間は何度もその場面を再現・想起することでそれを癒やそうとします。決して悪趣味なんかじゃないんですね。だから周囲は積極的に関わるというより、再現するのを黙って受け止めてあげるといいかなー。
そして専門職でなければするのはそこまで。下手にどうにかしようとするとお互い傷付きますから。
それこそいつも側にいて、そっと冒頭のビスケットでも差し出してあげて真田の家紋が六連銭なわけはね、と静かに話し……はしなくていいけど、というか真田のその話はしない方がいいシチュエーションだけど、甘いものでも一緒に食べて少しずつぬるみ始めてきた空気の中で花粉症でくしゃみ鼻水目こすりながらひなたぼっこでもしてみるとどうかなーと思うのです。
 
心理学科卒の蒼樹、パソコンに虐待されてシニソウな頭で必死に携帯をこき使って書いてみました。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jinbushido.blog100.fc2.com/tb.php/130-ac001561
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。