上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたに会えて本当によかった。
ようこそ、我が家へ。

小田和正さんの歌を歌い出しそうな、泣きたい様な気分。
昨晩、ようやく我が家に能の笛がやってきました。
姉弟子さまのご好意でお譲りいただいた、合竹の楽器です。
プラスチック製の手頃なものもあるのですが、本物を演奏するのと違う息遣いが身に付いてしまう恐れがあると伺い、ずっと自分の楽器を持つのを忍耐。
合竹も完全なる本物とは違うのだそうですが、少なくとも悪い癖はつかない、しかもそれなりの実力のあるものをお譲りいただいたので、素人には充分過ぎるくらい。

で、音が……
昨夏に一度触らせていただいていたので、指をつけなければ微かな音は出ました。が、穴を一つずつ塞いでいくと三つ目で、すかー、と。。要するに、吹き方が間違っているのですね。他の方のお稽古で耳にしていた事を思い出しながら様々に試行錯誤していると、だんだん出てくる様になってきました。

師匠の様な祓いの音を夢見て、あまりにも遠い道を踏み出した霜月の夜でありました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jinbushido.blog100.fc2.com/tb.php/360-16f6d6ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。