上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




これはもう書き終わったから出すぜぇ。
このまま出してやるぜぇ。
宛先不明で返ってくるぜぇ。
そしたらまたそのまま出してやるぜぇ。
めちゃめちゃ怒られるぜぇ。逆ぎれしてやるぜぇ。
ワイルドだろうー?


……というほど血の気はナイ。スギちゃん、有難うございます(..)
きちんと丁寧に郵送させていただき、謹んで落選させていただきます(笑)
だって、歩き始めた仁ちゃんにはまだこの世の春、つまりデビューは訪れそうもないから。
もちろんベストは尽くしたし、完成度も執筆開始当初より上がっている、はず。
だけれど、夢枕獏さんの作風にやや近いこの短編、見比べるとまあ貧弱。プロ歴の長い売れっ子作家さんと比べる方が阿呆かもしれないけれど、やっぱりどこかはっとさせられる部分がないと、毎年2000を超す応募のある中で生き残るのは難しい。
という事で、一次通過を目標にしますー。


それから、JX童話賞というのにも応募しました。
原稿用紙換算5枚までの小さなお話を作るのですが……うう、もうミスを発見。。やっぱり仕上げてひと月は寝かせておいた方がいいみたいです(- -;) 2、3時間で仕上げて翌日に、なんて、そりゃ無謀ですわな。
ついでに、過去の記事など読んでみると、その年なんと応募数1万越え!
もう、はい、いいです、書いててすごく楽しかったから。


不思議なもので、最近色々なジャンルに執筆意欲が出てきました。今回のJXなんて小学校低学年くらい向けですし、ちょっと前のは小学校高学年~中学生くらいがターゲット。

そして、最大の心境変化。作品中に女性が出てくる。それもかなり重要な位置に。
ご存知、私は歴史若道というジャンルを標榜し、生涯これ以外多分書けないと思っていました。女性の存在は作中の異分子であり、極力排除したかった……それが、主人公レベルの地位を与え、一作仕上げてみようかという程までに侵入を許している。
これは何だ? 何が起きている?


すぐにはこれの意味は解りそうもありませんが、一作一作、魂を籠めて大事に仕上げ、レベルアップを図ろうと思う次第にございまする。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jinbushido.blog100.fc2.com/tb.php/459-d7610657
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。