上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落ちない秘訣、それは上がり過ぎないこと。
上がり調子な時ほど重心を低くすること。

大きな足枷をひとつ抱えていると、それに付随して様々な事が起きます。
でも決してそれらは無駄なものではない。それがあるからこそ見えるものは確実にあると思います。
そして多分、総ての苦しみはその何かを見つける為に与えられた試練なのでしょう。

私には信じる宗教はありません。
でも、自分を取り巻く総てに神はいると信じています。
もしあの時この道を選ばなければ、もしあの時巡り会わなければ……。
何も後悔のない人生だった訳ではありません。むしろ後悔だらけだった。
でも今まで辿ってきた道のりは、目に見えないものまでも、きっと必然だったのだと、今では思えます。


訴えたい事がある。慟哭にも似た悲しみを知っている。
語るべき理由と情熱なくして小説など書けません。少なくとも私には。

避けられない大きな壁に当たった時、人は次の様な段階を辿ると言います。
否認、怒り、取引、抑うつ、受容。(キューブラー・ロス)
この説には異論もあり、国民性や個体差も関わってくるので万人に当てはまる訳ではありませんが、大抵の場合、諦めと受容を最後の宿とします。
諦める事は決してマイナスだけではありません。
それまでの自分の快適さに気付き感謝し、穏やかに受け入れる。言ってみれば心の極楽を探し当てる事なのかもしれません。

とはいえ、煩悩にまみれたこの世にある身、色々これからも悩み苦しむのでしょう。それらをどうステップアップに繋げるか、それがきっと腕の見せ所なのでしょうね^^


……何この真面目モード? このところ寝付きが悪くて頭がお花畑だからでしょう。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jinbushido.blog100.fc2.com/tb.php/464-e407eab4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。