上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mixiで交流させていただいている物書き志望仲間さんで、先人の作品を読んで自分の文体などに影響が出て困っている、という方がいらっしゃいます。

私は、何度も恥を晒しますが、他人のファンタジーに入るのが現在苦手です。でもそれが案外いい方向に働いたのかもしれません。
文体はほぼ完全に確立できたと思っています。言い回し、漢字表記、読点の打ち方、そのあたりはまず独自のルールが出来上がっています。
扱うジャンルによって変わるんですけどね、これらは。童話と純文系が同じ訳がなく、また目指す世界観によっても異なる。この作品なら平仮名表記だよね、とか、見た目のバランスが悪いから漢字に直そうとか、個別のものもあり。

しかし本格的に書き始めたのが2010年2月なので、もう二年以上経つんですね。早いものです。
このブログも一年以上になります。最初のうちは、多分中島梓氏の影響を大きく受けていたと思います。見返してみるとノリが今とは違いますね。読者様はどちらがお好きなのか……ただ、小説ではなくてこうしたブログなりエッセイなりは、実は確立されたかっちりした枠を作り出す必要はないと思ってもいます。気分的なものだし。


さて、一昨日ワルプルギス賞に投稿してきました。ほぼ白紙な物語、果たしてリクエストはいただけるでしょうか……。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jinbushido.blog100.fc2.com/tb.php/499-0c8af47d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。