上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カウントダウンするのがオトロシイ。。

能笛お稽古会。そう、お稽古会だっ。。
8月中旬の予定にでん!と居座るそやつは、厄介極まりないのである。

さて、カラオケ店で楽器の練習をすると、音響がいいから自己満に終わってしまう、という意見もあります。しかし私は推奨したい。こと、この笛に関しては。

能笛初心者かつ管楽器初心者の方にはカラオケ店での練習が効果を発揮すると思います。なーぜかっ。
それはね、ひと言で簡単に説明がつく。

音響がよくて満足できるから!!

……あれ? 納得いただけない?
そうか、そこから説明しなきゃならんですな。

能笛の練習初期は、まあ音が出ない出ない。俺はヒョウタンツギ(by 手塚治虫)を吹いてるんじゃなかろか、というくらい、すかぁー、ぶびー。
だからこそ、ほんの少しでも音が出た!! という満足感を味わっておかなければならないのですな。その点カラオケ店ってのは楽しむ為の空間に作られているので、気分がいいわけです。やけになって歌って、また練習してもいいし。

それから。
音響が良すぎるくらい良いから、ちょっとした音の違いも聞こえてくる。
私は理想の音――要するに師匠の音、のひとかけらをカラオケ店で見付けた様な気がしています。
自分にはきちんと捕まえられない高みではありますが、確かに、ここだ!! という一点が存在します。存在するのだけは分かります。それをコンスタントに出すのにはン十年という単位の訓練が不可欠なのでしようが。


さて、これだけ楽器の話をしておきながら、お稽古会には歌で出ます(笑) ええ、とてもじゃないけど楽器じゃ惨劇必至。
という事で、私は当分小鳥さんにならなければいけないのである。オヒャーラー♪(泣)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jinbushido.blog100.fc2.com/tb.php/505-fd53b931
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。