上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには弟子らしく、師匠を語るの巻(笑)


能楽笛方栗林祐輔氏。跳ねっ返りの暴れ馬、蒼樹仁を手懐けている名伯楽である。
その手綱さばきは神業的、妙なる笛の音と深みのある唱歌の声を主な武器に、尽きない知識と美しい写真、たまに飛び出すジョークでたちまち足元にお座りさせてしまう。
頭撫でて下サイ、ごシュジン様♪……いつの間にやら蒼樹、犬になっているが。



ごめんなさい、ほんとすみません。ちゃんと真面目に話します……。

栗林師匠の、お笛を構える時の所作は非常に美しいです。
優雅でありながら、凛とした芯の強さも感じさせてくれます。うむ、クールジャパン。
何人か笛方さんを拝見していますが、栗林師匠の所作が一番美しいと感じました。贔屓目? いやいや。

それから何度となく言っていますが、ともかく笛の音が大吟醸。
どきどきワクワクうっとり。
何度も言うのはそれだけ言いたい事だから。大トラが管巻くのだって、ありゃストレスが溜まってる証拠なんですわ(笑)

なんちゅうまとめ方……。

さてさて、久良岐能舞台で栗林師匠も講師をつとめられる能楽講座が始まります。
師匠の2月26日のブログ『囃子の入門講座』に詳しい事が出ておりますので、是非是非。
http://yuriku77.blog75.fc2.com/blog-entry-120.html


そちらと共に、栗林師匠も随時お弟子さん募集中です。

ほれほれ、そこな者たち、弟子入りせぬか♪ 飲み会もあるでよー。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jinbushido.blog100.fc2.com/tb.php/71-45f53dde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。